toggle
2018-07-19

「伝える」こと

先日バリからお中元?をいただきました

20180709_113703

こーゆーの好きなんです(^^♪♡♡

お菓子……じゃなくてお風呂グッズ的なやつですよ(^_-)-☆

20180709_114514

イマイチ使い方はわかりませんが….笑

これをくれたのは、

FB_IMG_1528406060683

JCの事業で知り合ったindahちゃん

2か月前に鹿児島で出会いました♡

 

なぜかわりと英語は話せる方とのイメージを持たれていますが、実際はそんなこともありません( ;∀;)

子どものころから英語を読んだり書いたりする機会が人より多かったので読み書きは得意なんですが、会話となるとカタコトです

彼女は、「日本人はみんな翻訳機(アプリのこと?)使いながら会話するけど、あれは良くないと思う」って言ってました

言いたいことはなんとなくわかるような。

 

若かった頃。まだ10代の頃の話です。

 

海外に憧れて、ずっと英語が話せるようになりたいと思って過ごしてきました。

いつか海外で働きたい。

日本みたいな狭くて閉鎖的なところで過ごしたくない。

そんなわたしは留学したときに、自分の中身のなさに気付きます。

 

英語を勉強すればコミュニケーションはとれるし生活できる。

 

そう思ってたけど、大事なのは語学力じゃない。

どれだけ英語(外)が堪能でも、話す内容(中)がないと意味がない。

日本や今の環境が嫌で海外にばかり目を向けていたわたしは、留学で知り合ったひとたちに日本のことを聞かれても何一つ伝えることができなかったんです。

 

ちゃんと伝わらないと、それは伝えていないことと同じ。

 

ありがたいことに、行政書士になってからいろんな翻訳の仕事をいただきました。

 

MSDS(だいぶ簡単に言うと化学物質のトリセツみたいなやつです)

和解文書

訴状

結婚証明

大学の成績証(このあたりはVISAで)

いろんな契約書(売買契約とか)

 

辞書で調べればわからない単語は調べることができます。

翻訳サイトで文章入力したら和訳もできます。

 

でもそのままの訳では絶対に伝わらない。

その背景にある微妙なニュアンスとかが全然出せない。

 

たぶん彼女もそういうことを言ってるんじゃないかと思いました。

 

「I’m blind」っていう文と「Today is a beautiful day, but I can’t see it」っていう文が同じ意味ってことがわかるためには、前後の文章とか書類の性質とかまで考えないと見えづらかったりする。

 

翻訳以外にもわたしたちはいろんな書類を作ります。

警察や保健所などに出すお店の図面はいつも他の先生にお任せしていますが、簡単な事務所見取り図とか配置図とかはわたしも作ったりすることがあります。

手書きで!笑

 

提出する役所とかその書類を見る人達に伝わるように作らないと、それはただの紙切れと同じと思う。

 

人と接するときでも、その人の言葉だけじゃなくて態度を見るようにしてます。

だから人のことそんなすぐに信じれなかったり、なかなかなじめなかったり、

 

そんなわけで

 

ちょっと人間関係に難あり?

 

みたいに思われることが多いんですが( ゚Д゚)

別にそんなわけじゃないです。

 

視野が狭くて閉鎖的な日本は嫌い。

そう思って生きてきた若い頃。

 

でも視野が狭くて閉鎖的なのは日本じゃなくてわたし自身ってことに気付いたのは大人になってから。

嫌いなのは日本じゃなくて自分自身、かも。

 

伝わらないと意味がない。

と思いながら今からロシア経済の資料を作ります( ノД`)

人に伝えるためにはまずは自分が知ることが必要。

あー難しい。泣きそう。

 

 

さっ。昼からもがんばります(^^♪

関連記事