toggle
2019-01-31

7年前

今月の「日本行政」に…..

カレンダーが(*^^)♬♬

20190131_113736 (002)

たまには役立つもの入ってるやんと思いながら、ふと7年前のことを思い出した。

 

まさに昨日、FBの「あの時の今日」みたいなやつで2012年の昨日の投稿が上がってきた。

 

そう。

行政書士試験の合格発表

 

*****

 

7年前の昨日、わたしは会社にいました。

発表は朝9時にネットで。

毎年、予備校の友達とメールでやりとりしながら見たり、足切りで不合格確定の時は見ないでハガキがくるまで待ってたりした。

この日は、足切りにはなってないことはわかってたものの受かった自信もなく、20代最後のチャンスってことでもう受けるのは最後にしようと決めてたからわりと落ち着いてたような記憶があります。

 

落ちてたら年齢的にもラストチャンスやしと思ってたからこそ、仕事を辞めてワーホリにいくつもりで色々と計画してさえいてた。

 

そんなちょっと割り切ってたわたしより周りの方が騒がしくて、上司から「どうやった?」「見た?」って何回も聞かれたりすることがめんどくさくなってきて笑、昼休みにこっそり見てみたら…..

 

( ゚Д゚)

 

あれっ。

これって去年の発表かな?

 

番号まちがえてる??

 

何回見直しても自分の受験番号が…..

 

ある

 

( ゚Д゚)

 

ってことでまずは予備校の友達に電話。

 

わたし「なぁ。あるねんけど。。。」

 

友達「えっ。実はおれも。。。。」

 

( ゚Д゚)!

 

ってゆう感動のカケラもない瞬間でした。笑

 

そして親に連絡。

気にしてた上司たちや予備校の先生や仲間たちにも報告。

 

「いや、でも間違いかもしれんからハガキくるまでわからないです」って言ってたけど笑、合格したってことよりも自分以上に喜んでくれた人が周りにたくさんいることがうれしかったんです。

 

その後、ハガキがきて合格したことを改めて確認。

 

受かってうれしいって気持ちよりも、やっと終わったなって気持ちとかこれからどうしようかなって気持ちが大きかった。

 

ゴールが見えないものを追いかけ続けることは本当につらいことで、途中何度もやめたいと思ったし何のためにがんばってるのかもわからなくて距離を置いたこともあった。

模試でもイマイチな結果しか出ないし、「身についてる」って実感が全然なかったから。

 

自分が目指す道は何やったんやろう。

 

とか、

 

正しい道はどこにあったんやろう。

 

とか、

 

このままでいいのかな。

 

とか、

 

勉強期間中、仕事でもプライベートでも色々な山場を経験していく中で自分の生き方を考えた。

 

結果、合格してすぐの3月4月に開業する行政書士が多い中、わたし自身は悩んだり色々周りに相談しながら、少し遅めの9月に開業することになりました。

 

一生のうち、いましか行けないワーホリに行くって選択肢もまだ心のどこかではあったし。
(確か30の誕生日までに出国とかそんなんだったと記憶)

受かったものの仕事の進め方とかもわからないまま独立できるのかって不安もなかったわけではない。

 

でも

 

「うまくいかなかったらやめよう」

 

そう思って行政書士として進むことを決めて、気付けば7年たっていた。

 

7年前は自分がいまこんな風に毎日すごしてるなんて想像もしてなくて、開業直後にはわりと大きな病気になって入院・手術もしたから、生きてることすら奇跡だと思うこともある。

 

7年前のこのタイミングでもし受かってなかったり、海外に行ってたとしたら、たぶん今の環境とは全く違う環境に身を置いていたと思う。

いま周りにいる人たちとも出会ってなかったかもしれない。

 

何が正解かはわからないけど、いま自分がいる場所が正しい道だったと思うようにしています。

 

がんばったことはきっと無駄じゃない。

 

そうそう。

わたしが受験生だった時代は、合格率は8%ぐらい。

いまは10%超えみたい。

ちょっとは受かりやすくなったんでしょうか。

でもいま過去問みても受かる自信はないけど……(>_<)

 

もうちょっと勉強しないと”(-“”-)”

関連記事