toggle
blog
2019-05-11 | blog

初心

気持ちを切り替えたいときとか、リフレッシュしたいときとかに必ず食べるものがあります。

間違いなく自分自身を奮い立たせてくれるもの。

 

それは、、

 

梅のおにぎり(手作りとかではない)

 

もうだいぶ昔の話ですが…

 

生きる気力も将来の希望も自分の未来も描けなくなってしまった時、あるひとが差し出してくれたのがこれなんです。

正直「こんなときに食べてる場合じゃないし( ゚Д゚)」って思って

「…..いりません」って一度は突き返したけど、

口にして不思議と心が落ち着いたこと、どんな嫌なこととか辛いことがあっても明日はくるし自分は生き続けるんやなって思わされたことを思い出す。

 

そんなに梅もすきじゃないし、めったにコンビニのおにぎりも買わないけど。

 

いまでも初心を振り返りたいときやちょっと道に迷ったときは、あえてこれを食べるようにしています。

 

初心にかえる といえば

 

毎年恒例の補助金シーズンがやってきましたね(^^♪

 

1520605572752 (002)

 

わたしも数年前は補助金セミナーやらせていただいたりしてました(このときの白スーツはもう入りません(悲))

今年は自分も申請してみようかなと思って、色々考えてみました。

 

申請書の「企業概要」というところで自社の売上や傾向などを記載するところがあるのですが、周りにはあれこれ言う立場ではあるものの、自分自身のことを把握できていないという士業にありがちなパターンに陥っていることに気付き、この連休中に直近5年間の請求書などを改めて精査してみたところ、

 

3年前にはほとんど扱うことのなかったVISA案件が今は全体の半分ぐらい(去年からは一番多い案件になっている)

 

ということに改めて気付きました。

 

前にも書きましたが、学生の頃まで完全に海外志向で、「海外で働きたい」とか「日本と海外を繋ぐ仕事がしたい」と言い続けてきましたが、

 

いろんな回り道をしても思い続けていれば結局は自分がやりたいことができるようになっている

 

と思う最近です。

 

いい年したオトナなのに地に足がついてないとか、落ち着いてないとか色々言われますが、

 

わたしにはまだまだ夢があるので、それをどう今の仕事と繋げるかを考え続けています。

 

VISAの仕事では、

 

日本で働きたい

 

日本で家族と住みたい

 

日本で会社つくりたい

 

留学やワーホリは終わるけど、もっと日本にいたい

 

そんな方とたくさん出会いますが、許可がおりたときには間違いなくこの人や家族の人生を変えることになるんだなと思うと、本当に責任が重いと同時にやりがいがある業務だなと思うばかりです。

 

最近の傾向としては、

 

日本で会社を作りたい

 

という相談が多い気がします。

 

次回からはそんなVISAの話をしていこうと思います^ ^

2019-01-31 | blog

7年前

今月の「日本行政」に…..

カレンダーが(*^^)♬♬

20190131_113736 (002)

たまには役立つもの入ってるやんと思いながら、ふと7年前のことを思い出した。

 

まさに昨日、FBの「あの時の今日」みたいなやつで2012年の昨日の投稿が上がってきた。

 

そう。

行政書士試験の合格発表

 

*****

 

7年前の昨日、わたしは会社にいました。

発表は朝9時にネットで。

毎年、予備校の友達とメールでやりとりしながら見たり、足切りで不合格確定の時は見ないでハガキがくるまで待ってたりした。

この日は、足切りにはなってないことはわかってたものの受かった自信もなく、20代最後のチャンスってことでもう受けるのは最後にしようと決めてたからわりと落ち着いてたような記憶があります。

 

落ちてたら年齢的にもラストチャンスやしと思ってたからこそ、仕事を辞めてワーホリにいくつもりで色々と計画してさえいてた。

 

そんなちょっと割り切ってたわたしより周りの方が騒がしくて、上司から「どうやった?」「見た?」って何回も聞かれたりすることがめんどくさくなってきて笑、昼休みにこっそり見てみたら…..

 

( ゚Д゚)

 

あれっ。

これって去年の発表かな?

 

番号まちがえてる??

 

何回見直しても自分の受験番号が…..

 

ある

 

( ゚Д゚)

 

ってことでまずは予備校の友達に電話。

 

わたし「なぁ。あるねんけど。。。」

 

友達「えっ。実はおれも。。。。」

 

( ゚Д゚)!

 

ってゆう感動のカケラもない瞬間でした。笑

 

そして親に連絡。

気にしてた上司たちや予備校の先生や仲間たちにも報告。

 

「いや、でも間違いかもしれんからハガキくるまでわからないです」って言ってたけど笑、合格したってことよりも自分以上に喜んでくれた人が周りにたくさんいることがうれしかったんです。

 

その後、ハガキがきて合格したことを改めて確認。

 

受かってうれしいって気持ちよりも、やっと終わったなって気持ちとかこれからどうしようかなって気持ちが大きかった。

 

ゴールが見えないものを追いかけ続けることは本当につらいことで、途中何度もやめたいと思ったし何のためにがんばってるのかもわからなくて距離を置いたこともあった。

模試でもイマイチな結果しか出ないし、「身についてる」って実感が全然なかったから。

 

自分が目指す道は何やったんやろう。

 

とか、

 

正しい道はどこにあったんやろう。

 

とか、

 

このままでいいのかな。

 

とか、

 

勉強期間中、仕事でもプライベートでも色々な山場を経験していく中で自分の生き方を考えた。

 

結果、合格してすぐの3月4月に開業する行政書士が多い中、わたし自身は悩んだり色々周りに相談しながら、少し遅めの9月に開業することになりました。

 

一生のうち、いましか行けないワーホリに行くって選択肢もまだ心のどこかではあったし。
(確か30の誕生日までに出国とかそんなんだったと記憶)

受かったものの仕事の進め方とかもわからないまま独立できるのかって不安もなかったわけではない。

 

でも

 

「うまくいかなかったらやめよう」

 

そう思って行政書士として進むことを決めて、気付けば7年たっていた。

 

7年前は自分がいまこんな風に毎日すごしてるなんて想像もしてなくて、開業直後にはわりと大きな病気になって入院・手術もしたから、生きてることすら奇跡だと思うこともある。

 

7年前のこのタイミングでもし受かってなかったり、海外に行ってたとしたら、たぶん今の環境とは全く違う環境に身を置いていたと思う。

いま周りにいる人たちとも出会ってなかったかもしれない。

 

何が正解かはわからないけど、いま自分がいる場所が正しい道だったと思うようにしています。

 

がんばったことはきっと無駄じゃない。

 

そうそう。

わたしが受験生だった時代は、合格率は8%ぐらい。

いまは10%超えみたい。

ちょっとは受かりやすくなったんでしょうか。

でもいま過去問みても受かる自信はないけど……(>_<)

 

もうちょっと勉強しないと”(-“”-)”

2018-10-08 | blog

ロングバケーション★~タイ~

※今回は仕事の話はほぼありません※

 

先月、社会人としてあるまじきほどの長期の休暇をいただきまして……

20180906_211358

ちょっと遠くに行ってきました

 

仕事関係の方々、特に連絡いただいたのに「帰国するまで待ってください><、」という無茶なお願いにも快く?応じていただいたお客様

不在時にフォローしてくれていた関係者の皆様

猫を預かってくれている家族

その他いろいろな方々には頭が上がりません( ;∀;)

 

とにかく出国までに手元の仕事は終わらせないとというプレッシャーもあり、とにかく8月末~9月初旬は忙しかった

府庁にも1回に3件新規書類出したり(4件以上の場合はまた並びなおさなあかんのですよね?)

入管、週に何回行くねんってぐらい行ってました。

 

、と自分なりに整理していった長期休暇。

 

期間は2週間。

行き先はバンコク→パタヤ→シェムリアップ→(東京)

バンコクには友達がいるので、数日間お世話になりました。

20180907_183447

Ninaとの出会いは遡ること約15年….!

時間たつの早すぎ

世界一周船の旅をしていた彼女と大学のキャンパスで遭遇。

どういう経緯でうちの大学内にいたのかは謎ですが。

それ以来、手紙・メール・facebookで繋がってて、この15年間で実際にあうのは3回目(*^^)v

英語も大してペラペラじゃないわたしによく付き合ってくれるなぁって思ったり。

Ninaの他にも、実際に日本に来た時に会ったりわたしが海外に行った時に会ったりって友達が他にも何人かいてたりします。

昔ちょっと流行ってた海外文通とか、あとはちょっとだけ留学してたときの友達とか。

いつもいつも連絡しあってるわけじゃないけど、なんかあれば全然会えるなって思ってる。

(わたしの英語力が残念)

 

会おうと思ったら世界中どこにいても会えるし、距離じゃなくて「会おうとする気持ち」が大事ですね。うん。

 

タイはとにかくごはんが美味しかった~

 

20180908_174434

 

このままいてたら確実に体重増加するやろなと。

ちなみにわたしがいちばんすきなのはソムタム~~(^^♪

 

こんなお酒もありました。

 

20180907_184954

 

さすがに異国の地、言葉も通じてるのか通じてないかわからない状況で、日本と同じように好きなように飲んで酔って….って勇気はなかった。

そう思えるのが大人への第一歩。

 

ま、それはおいといて、、、

 

タイと言えば

 

20180907_101008

 

そうそう。

こんな感じ。

 

観光地はやっぱり日本人も多かったです。パタヤはそんなに?やったかな。

 

今回の出発直前に大きな台風があったので、関空から行くことができなくて急遽名古屋からとなりました。

バンコクには現地時間4時台着。

そこからタクシーを拾ってNinaの家まで行くってミッションがあったんですが、もちろんNinaの家は行ったことないし(住所しか知らない)タクシーにもちゃんと伝わるかわからない。

行けたところで早朝….

もし家まちがってたら警察呼ばれたりするんかなとか、Ninaと連絡つながらなかったらどうしようって不安な中、セントレアで同じく一人旅の若者2人とたまたま話す機会がありまして。

バンコク経由でベトナムに行くという会社員男子と、バンコクに親戚がいるから年イチぐらいでバンコク行ってるっていう院生の女の子。

わたしよりずっと年下の彼女に救われ、、無事タクシーに乗ることができました(*´ω`*)♡

名前も聞いてないままやけど、、、旅人やさしい~~~(*´ω`*)

こうやって人は助け合って生きてるんやなと痛感しました。

ちなみにタクシーは近くまでいったもののドライバーしっかり迷いまして….

事前にNinaからもらってた謎のボイスメッセージがここで大活躍

わたしにとっては暗号にしか聞こえなかったメッセージがここで生きてくるとは~(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

、、、という大学生みたいな旅の始まりでしたが笑

 

ひとりでは生きていけない

 

そんなアタリマエのことを何度も思わされる旅となりました。

 

わりとわたしは自立してる方と思ってます。

仕事もJCも、あんまり人に頼ったりお願いしたりすることができなくて結局ひとりで終わらせたりします@おかげで最近パワポも得意になった

 

でもひとりでできることなんかしれてるし、結局困ったときはだれかに助けてもらわないとやってけへんなって改めて思ったのと、もっと感謝の気持ちを周りに伝えないといけないと思いました。

 

わたしたちの仕事も同じことで、開業7年目となった今。

初心を忘れずに、頼ってくれる依頼者の方々のためになることを意識しながらひとつひとつの案件に向き合っていくことこそが書士として求められていることと思って、日々自己研鑽していかないとですね。

 

と、ちょっとまじめなことも書きながら…..

 

20180913_151156

 

カンボジア(^^♪

 

ここでは日本語学校で日本語を教えるっていうミッションがあったのですが、、

 

続きはまた次回~~

2018-08-14 | blog

休めない性格

お盆までにどうしてもやっておきたい&やらないといけない仕事がいくつかあって、今年はお盆休みなしです✍

「大変ですね」

とか

「忙しいんですね」

とか

「ちゃんと休んでくださいね(;´・ω・)」

と言っていただくことも多いのですが。

 

物理的に休めないというよりかは、休むことが苦手なだけなんですよね^^💦

 

昔から、いざ自由な時間ができるとどうしていいかわからなくなって”(-“”-)”

結果休めないっていう性格のようです。

 

思い返せば学生時代は土日・年末年始・クリスマス…..は絶対バイトで(ケーキ屋だったのでむしろ休むと怒られる)行政書士試験のための予備校時代は朝から晩まで自習室。

休みがないのが普通って環境にずっといたような気がします。

行政書士になってからのこの5年超も、何だかんだ常に動いてないと気が済まなくて、丸一日なにもしてないと果てしなくダメ人間になったような( ゚Д゚)( ゚Д゚)

こうみえて仕事人間なんです🌸(★ ・`д・´)🌸

 

ここ最近は何をしてたかというと、、、

 

20180814_101453

 

★グループホーム(共同生活支援)指定申請

 

常勤換算→勤務体制一覧の作成と加算関係の書類の作成がメインではありましたが、わりと苦戦しました💦

役所の担当の方にも何回くるねんみたいな顔されながらも通い続けました笑

障害福祉系の申請は事業者さんご自身でされるケースも多いのですが、契約書や指針などのリーガルチェックの部分は任せていただいた方がいいかもしれませんね。

こちらもたくさん勉強させていただきました^ ^

ありがとうございました(‘◇’)ゞ

 

★収集運搬業許可申請(産廃新規)滋賀県&和歌山県

 

実は和歌山県は初めてでした✨

ただただ遠かった…..

これで近畿二府四県はすべて制覇(*^^)v♪♪

なのですが、都道府県によって求められる書類も厳格性も微妙にちがうなという感想です。

個人的感想としては

 

大阪<和歌山<滋賀<兵庫<京都・奈良

 

ですかね。

 

建設業も似たような印象があります。

京都と奈良はわりと細かいなと(国民性?)

 

役所によって運用が微妙に違うって点では警察もですね。

 

実地調査があるかないか。

事務所写真がいるかどうか。

実態確認のために公共料金の請求書を持ってきてほしいといわれたところもありました。

(以上、古物商許可の話です)

 

産廃の話に戻りますと、

 

滋賀県は事前協議制を採用しているということで、本申請をするにあたって2回行かないといけないというシステムのようです。

5年前に行ったときは不備がなければ事前申請と本申請同日でできたような記憶があるんですが。。

 

「事前協議→1か月半後ぐらいに本申請可否の連絡(補正があればこのとき指示)→本申請→1か月→許可証✨」

 

というのが現在の滋賀県の状況だとか。

 

★特定活動(インターンシップ)ビザ関連

 

最近は認定でるまで結構早いかなと思います^ ^

7/2に申請した3名分の認定証明書が今日届きました〠〠

今回も旅館のお仕事です。

学生さんたちにとって有意義な1年間となりますよーにっ♡

 

みなさん、ありがとうございました(^^♪

 

来週は数か月ぶりにベトナムからの技能実習生6名への法的保護講習をさせていただきます。

おもしろくないって言われないように……笑

ちょっと工夫していこうと思います^ ^

2018-07-19 | blog

「伝える」こと

先日バリからお中元?をいただきました

20180709_113703

こーゆーの好きなんです(^^♪♡♡

お菓子……じゃなくてお風呂グッズ的なやつですよ(^_-)-☆

20180709_114514

イマイチ使い方はわかりませんが….笑

これをくれたのは、

FB_IMG_1528406060683

JCの事業で知り合ったindahちゃん

2か月前に鹿児島で出会いました♡

 

なぜかわりと英語は話せる方とのイメージを持たれていますが、実際はそんなこともありません( ;∀;)

子どものころから英語を読んだり書いたりする機会が人より多かったので読み書きは得意なんですが、会話となるとカタコトです

彼女は、「日本人はみんな翻訳機(アプリのこと?)使いながら会話するけど、あれは良くないと思う」って言ってました

言いたいことはなんとなくわかるような。

 

若かった頃。まだ10代の頃の話です。

 

海外に憧れて、ずっと英語が話せるようになりたいと思って過ごしてきました。

いつか海外で働きたい。

日本みたいな狭くて閉鎖的なところで過ごしたくない。

そんなわたしは留学したときに、自分の中身のなさに気付きます。

 

英語を勉強すればコミュニケーションはとれるし生活できる。

 

そう思ってたけど、大事なのは語学力じゃない。

どれだけ英語(外)が堪能でも、話す内容(中)がないと意味がない。

日本や今の環境が嫌で海外にばかり目を向けていたわたしは、留学で知り合ったひとたちに日本のことを聞かれても何一つ伝えることができなかったんです。

 

ちゃんと伝わらないと、それは伝えていないことと同じ。

 

ありがたいことに、行政書士になってからいろんな翻訳の仕事をいただきました。

 

MSDS(だいぶ簡単に言うと化学物質のトリセツみたいなやつです)

和解文書

訴状

結婚証明

大学の成績証(このあたりはVISAで)

いろんな契約書(売買契約とか)

 

辞書で調べればわからない単語は調べることができます。

翻訳サイトで文章入力したら和訳もできます。

 

でもそのままの訳では絶対に伝わらない。

その背景にある微妙なニュアンスとかが全然出せない。

 

たぶん彼女もそういうことを言ってるんじゃないかと思いました。

 

「I’m blind」っていう文と「Today is a beautiful day, but I can’t see it」っていう文が同じ意味ってことがわかるためには、前後の文章とか書類の性質とかまで考えないと見えづらかったりする。

 

翻訳以外にもわたしたちはいろんな書類を作ります。

警察や保健所などに出すお店の図面はいつも他の先生にお任せしていますが、簡単な事務所見取り図とか配置図とかはわたしも作ったりすることがあります。

手書きで!笑

 

提出する役所とかその書類を見る人達に伝わるように作らないと、それはただの紙切れと同じと思う。

 

人と接するときでも、その人の言葉だけじゃなくて態度を見るようにしてます。

だから人のことそんなすぐに信じれなかったり、なかなかなじめなかったり、

 

そんなわけで

 

ちょっと人間関係に難あり?

 

みたいに思われることが多いんですが( ゚Д゚)

別にそんなわけじゃないです。

 

視野が狭くて閉鎖的な日本は嫌い。

そう思って生きてきた若い頃。

 

でも視野が狭くて閉鎖的なのは日本じゃなくてわたし自身ってことに気付いたのは大人になってから。

嫌いなのは日本じゃなくて自分自身、かも。

 

伝わらないと意味がない。

と思いながら今からロシア経済の資料を作ります( ノД`)

人に伝えるためにはまずは自分が知ることが必要。

あー難しい。泣きそう。

 

 

さっ。昼からもがんばります(^^♪

2018-06-11 | blog

特定活動告示9号【インターンシップ】②

1月に申請したインターンシップ(特定活動)のビザがようやく一段落🌸🌸

だいぶ長引きましたね……

前回のブログで書いた受入先と違う点は

①今回が初めての申請(前回のところは2回目)

②日本語能力がより求められる介護業界であること

です。

受入が1回目であろうが2回目以上であろうがさほど難易度は変わらないという印象ですが、日本語能力の実証が本当に大変でした….💦

どれだけ勉強時間を確保していると主張し、日本語学習の教材やカリキュラム等を出したところで客観的な証明にはなりません。

介護については、インターンでも技能実習制度で決められている固有の要件を満たす必要があるとの見解です。

 

介護のサービスの質を担保するとともに、利用者の不安を招かないようにすること

 

不安を招かないサービスを提供するにあたって、利用者とのコミュニケーションを円滑にすすめ、かつ指導員の指示が適切に理解できる日本語能力が求められているということで…

 

N4同等必須(日本語能力試験)

 

N4は、だいたい漢字300字程度で平均学習時間が400時間と言われているレベルです⏰

漢字の数だけで言うとおそらく小学校3~4年生ぐらいでしょうか。

 

どれだけ机の上で勉強したところで、なかなか本番の試験で結果が出ないというのはよくあること….

 

今回も申請者のほとんどがN4落ちてしまいました(/_;)

 

受かった学生さんはそのまま許可→入国の見込みです。

落ちた学生さんについてはいったん取り下げ→合格後に再申請することになりました。

日本語能力検定試験は年に1回しかないので、かわりにNAT TESTやJ.TESTで対応してもらっています。

 

介護業界に限らずですが、どの職種でもインターンシップ生として特定活動ビザの申請をするときには日本語能力検定試験を受験しておいてもらったほうがよさそうです。

1 2